いつの時代でも、英国ではオープンエアモータリングを楽しめる小型軽量のリーズナブルなスポーツカーがつくられてきた。 

いつの時代にも愛される、
安価なオープン2シーター

代表的な最新作では、MG-F。往年の名門スポーツカーメーカーであるMGのブランドを復活させ、小型軽量オープン2シーターをミッドシップ・スポーツカーに仕立てたところが現代流だ。
エンジンとトランスミッションという重量物を車体中央に搭載しているから、ワインディングロ−ドでは軽快な身のこなしが、日独伊のライバルたちへのアドバンテージとなっている。
もうひとつ、MG-Fがすぐれて現代的なのは、乗り心地がよく、各操作系が軽いといった快適性が高いところだ。
その往年のMGが、今でも生産されている。そう聞くと混乱してしまうかもしれないが、すでに1974年に生産を終了したMGミジェットMk3が、彼の地では再びつくられているのである。
ボデーをつくっているのは、ブリティッシュ・モーター・ヘリテイジ・ボディ・シェルズ。英国の白動車産業史に残る、歴史的な遺産を保存する組織のことで、ミュージアムの運営、古いクルマや各種資料の収集、書籍やデータ集の編集や出版事業まで行っている。そのレストア部門が、「ボディ・シェルズ」というわけだ。
ここでは、ミジエットMk3を生産していた工作機械と治具そのものを使って、新品ボディを一台ずつ手作りしている。
コレクションや展示用につくるのではなく、日常的にガンガン走って楽しむために、ボディの隅々までの防錆処理やシーリングを施したウレタン焼き付け塗装など、当時よりも徹底した仕上げがなされているほどだ。
その新品ボディに、分解と再組み立てが施されたオリジナルのAタイプエンジンが搭載される。
排気量1275ccのこのエンジンは、現代の燃料事情に合わせて無鉛ガソリン仕様に改められて、同時に電動クーリングファンやオイルクーラーも高効率のものを装備して万全を期している。
フロントのディスクブレーキやコニー社製のフロントダンパーの採用などのオリジナルとは違った装備は、現代の厳しい交通環境でも十分にスポーツドライブに対応するためのものだ。
60年代のミジェットMk3をリメイクした新品ボディに、現代の道路でも通用するメカニズムを組み込んで生まれたのがニューミジェットだ。昔のものを大切にする、いかにも英国らしい企画意図から生まれたライトウエイト・スポーツカーが、うれしいことに日本で人手できる。
昔の生産設備で手作りされているニューミジェット。では、運転してみると、どうなのだろうか。


いいクルマは座った瞬間に、
訴えかけるものがある。

面白いスポーツカーというのは、走りだす前に、シートに座ってハンドルを握った瞬間からワクワクさせてくれるものだが、ニューミジェットも例外ではない。
まず、着座位置が低いのが印象的だ。地面がとても近く感じる。感じるだけでなく、着座位置が低いということは、それだけクルマの重心も低くなり、ハンドルやシートから伝わってくる路面状況のインフォメーションも増えて、スポーツドライビングをよりシュアなものにするのである。
キーを回す前に燃科ポンプを10秒ほど作動ざせるという、古いクルマの〃儀式〃を行なってエンジンを掛けて走りだす。やはり、低い着座位置がスピード感を増している。低い速度でも、クルマを操っている感覚が直接伝わってくる。
このダイレクト感がニューミジェット(というか、昔のクルマすべて)の真骨頂で、運転することがそのままスポーツになる。
また、680kgという車両重量の軽さも大いに利いていて、実にキビキビ走る。シェイプアップした肉体のサッカープレイヤーが右に左にドリブルを決めるように、ニューミジェットは軽快に走る。

純枠に運転だけを楽しむのであればニューミジェットに分がある。だが、渋滞にまみれ、時には長距離の移動もこなして、乗用車のようにスポーツカーを乗りこなそうとするならば、MG-Fの実用性の高さが勝る。


英国人の感性が活きる、
ライトウエイト・スポーツ

それにしても、MGに乗って強烈に感じるのは、英国人のスポーツドライビングに対する好みの一貫性だろう。その時代に適したライトウエイト・スポーツカーが必ず準備されている。
また、古いクルマを見捨ててしまうのではなく、現代の技術を注入して甦らせるなんて面倒なことを始めるのも、英国人くらいのものだろう。それも、アストンマーチンやベントレーのような資産的価値の高い、コンクールに出すようなクルマではなく、誰もが購入しやすい価格だったミジェットである。
ニューミジェットを連転すると、英国人のスポーツカーヘの想いの、幅広さと奥深さを改めて思い知らされるのである。


スペック表
MG MIDGET BASIC MG MIDGET SPECIAL

パーツ&グッズ 通信販売

TOP